La Flora's Blog

Artificial Flower Design Studio

ロココを語る・・・・

2012年10月12日, by laflora, category Arrangement

今日は、
インテイリアマテリアルの企画時代のお仕事仲間を・・・・・
お教室にお誘いしました

レッスンではなく
それぞれが
今まで過ごしてきた間に身につけた
美意識や、情報の交換のためです

彼女はロココ時代のANTIQUE家具の研究家です

最近貴重なANTIQUE家具の古いありがたい本を
フランスから入手したとのこと・・・・
ますます、研究熱が湧いてきているそうです

ロココ・・・・
ピンクのバラいっぱいのイメージ

マリーアントワネット
ベルばら~なんてレベルの私とは違います・・・・・

実はマリーアントワネットはブルーが好きで
真珠とヤグルマ草のテーブルセットはお気に入りだったそうですね

彼女がテーブルコーディネートを始めてからすでに25年になるそうです
近いうちにそちらも教えていただこうと思っています

今回、そんな彼女に教えていただいたのですが

ロココの時代のお花は
多色使いなんですね

いまのように同色のグラデが多くなったのはその後からだそうです

淡いピンクにイエローにブルー白い小花なんて・・・・
女の子の好きな色のてっぱん!
色鉛筆でいちばん先に短くなった色たちです

彼女の自室は完全にロココなので
是非今度ロココな色合いのアーティフィシャルのアレンジを・・・とお願いされました

雑誌でいろいろな色を使ったお花の写真などを見て頂いて
イメージを広げていただいたのですが・・・・

結局
行き着く先は・・・・
ピンク系のグラデーションの世界・・・・・・

女性はやっぱり好きですよね

ファブリックや、レース、タッセルなどを優雅に使ってロココらしさを表現できるかもしれません
少しそちらも勉强したいと思います

さらに私の
コレクションであるオールドノリタケや
ビンテージのエッチンググラスなどを見て頂いて・・・・

お互いに

やっぱり
美しいものはいい・・・・という結論に達しました
そして、
私の目利きも衰えてはいないと・・・・
なにしろ、企画はそれがいちばん大切な能力でしたから

スーツに合わせてのコサージなどもご注文いただき・・・
おかげで勉强することがたくさん
彼女の胸を借りてこれまた頑張ります

お土産に頂いたのはマリアージュのお紅茶・・・・大好きなんです

お友達には、
帰国するときにアメリカの友達から頂いた、
ブラックベリーとセイジのハーブティーを楽しんでいただきました
ベリーのフルーティな香りのあと、ミントのような爽やかな風がのどを吹き抜けます

今回はビンテージのノリタケのお茶碗でいただきました

ロココのおともだちのの好きそうなアレンジをテーブルに
これは
アラメダの蚤の市で
オールドノリタケか?と思って買ったけれど・・・フェイクだった・・・・

という、残念なシュガーポットです

Arrangement in Old Noritake

アメリカの我が家では、まがい物ということで
ぞんざいに扱われておりましたが・・・・

ちょっとかぼちゃのように膨らんだボディと
猫足が可愛い
ミルクポットとのセットですし

手書きですから・・・・
ぱっと見は可愛いので

こうして、
気楽にアーティフィシャルをアレンジして楽しんでします

オールドノリタケは
たくさんのフェイクが作られて
本物収集家もそのうち楽しんで両方を収集する人もいるほどです

アメリカの蚤の市はとにかくいろいろなものがあって
騙されるのも
ひとつの楽しい思いでになります

生き方もカジュアル・・・・・
のんびりメディティリニアン

そんな気分でいたら
毎日がカリフォルニアの太陽みたに輝いて感じられるはずです

So, what do you think ?